アルバイトの働き方について

工場の求人を探すとき、アルバイトという働き方を選ぼうかと迷うこともあるでしょう。アルバイトは、正規以外の非正規労働者のことを言います。正社員よりも一週間の労働時間は短く、学生や主婦、フリーターなどがアルバイトの雇用形態で働いていることが多いです。企業と直接雇用を契約することになり、給料も会社から支給されます。アルバイトというと待遇が良くないというイメージをもつ人もいますが、実際には正社員と同様に、労働基準法によって一定の期間と時間、日数で勤務すると、有給休暇や社会保険などを受けることもできます。仕事の内容は、正社員とは違って未経験でもできるような簡易的な業務が多く、責任のある仕事を任されることは少ないです。

ライフスタイルに合った働き方ができる!

アルバイトで働くメリットは、自分自身の都合や予定に応じた働き方ができる点がひとつ挙げられます。正社員であれば、週に5日働いて、労働時間は8時間以上になることが一般的な働き方です。しかし、アルバイトであれば、さまざまな勤務形態を選べることが多いです。たとえば、学業や部活、サークル活動がある学生さんは、夕方から数時間のみ働ける工場の求人を探したり、お子さんがいる主婦の場合であれば子供が学校に行っている時間帯のみ働ける求人を探すこともできます。また、アルバイトのかけもちで週に2、3回勤務できる求人を見つけることも可能です。そのほかにも、俳優やミュージシャンを目指す人が、早朝や夜間など、時間や曜日の都合がつきやすい工場の現場で働いていることもあります。