福利厚生が充実している

派遣社員の工場求人は豊富にあるので、非正規の従業員として働いている方は多いことでしょう。しかし、正社員として雇用されれば、非正規雇用にはないメリットがありますよ。その一つが、福利厚生が充実していることです。そもそも福利厚生というのは、社員や家族が快適な暮らしを実現できるように享受できる各種手当のことです。具体的に挙げると、住宅手当をはじめ資格取得のサポート制度、カフェテリアプランなど多種多様にあります。とりわけ住宅手当があれば毎月の家賃を負担する必要がなく、経済的にかなりお得だといえますね。派遣社員として働いている場合、すべての福利厚生を受けられるとは限りません。福利厚生があれば暮らしが豊かになるので、大きな魅力ですね。

雇用が安定するのが魅力

正社員として工場で働けば、雇用が安定するのも大きなメリットといえるでしょう。派遣社員として工場求人に応募すれば、3ヶ月、半年、1年というように契約期間が事前に定められてしまいます。したがって、会社の経営状態が良くなければ、一方的に契約を打ち切られてしまうリスクがあります。その点、正社員の場合、雇用の契約期間が定められていないので、経営が不安定になったとしても一方的に解雇されるリスクは低いです。そのため、将来設計を立てやすく、安心して働くことができます。その他にも、正社員は雇用や給与が保障されていることから、社会的に信頼を得やすいのもメリットです。お金を借りたい時もローンの審査に通りやすいですよ。