転勤の心配がなく同じ場所で働ける

大手企業などは全国各地に工場があるところも多く、正社員として就職すると転勤の可能性もあります。しかし、契約社員は勤務地が限定されていることが多いため、基本的に転勤はありません。子供を転向させたくない、地元から離れたくないなどの理由で転勤を望まない人は、契約社員という働き方の方が向いているでしょう。また、契約社員は正社員と同等の条件で働けることも多く、給料や福利厚生などでも満足度が高いでしょう。契約期間が1年、3年などと決まっているため、仕事をやめるタイミングを決めやすいというメリットもあります。もっともらしい退職理由をひねり出す必要はなく、契約終了時に更新しないという選択をすればよいだけです。

仕事とプライベートが区別しやすい

正社員として就職すると、責任のある仕事を任されるため残業しなければならないこともあります。契約社員は、社員と同じような待遇でありながらも責任のある仕事を任されることは少ないため、仕事のストレスも少なくなります。仕事内容も、契約時に決められているため部署の移動もありません。契約書に就業時間が記載されているため、時間になったら帰宅することができます。正社員は残業しても、契約社員は帰宅できるというケースがほとんどです。場合によっては残業をしなければならないこともありますが、正社員と比較するとその頻度は少ないでしょう。そのため、契約社員として働くと仕事とプライベートが区別しやすいというメリットがあります。